ミノキシジルとプロペシア、服用中に子作りは大丈夫?

最強の発毛効果で知られるミノキシジルタブレット。
また、AGAの原因とされている男性ホルモンが過剰に出るのを抑える
効果のあるプロペシア。
薄毛に悩んでいる人のほとんどがどっちも飲んだことあるんじゃないでしょうか。
特に、若い世代の人の場合、育毛剤よりも早い効果が期待できる
タブレットは一度はためしてみたいものですよね~。
AGA専門のクリニックでも勧められるほどの効果ですから。

とはいえ、気になるのは副作用でした。
個々で副作用が出た出ないとかあるし、副作用を感じたとしても、
出かたの程度も違うけど、
ミノキシジルやプロペシアのタブレットって飲むうえで、
体の状態や副作用に注意しないといけないって注意書きがあります。
それくらい、発毛効果が期待できると同時にどうしても服用するということは体に何らかの影響があるんです。
とすると、小作りの時には飲まない方がいいんでしょうか。
プロペシアは女性の服用は禁止されています。
プロペシアに含まれるフィナステリドは女性や子供は
触ってもいけないほどなんです。
プロペシアはもともと前立腺肥大の治療薬として使われていました。
プロペシアに含まれているフィナステリドが男性ホルモンを抑制して前立腺肥大を抑えるんです。
男性ホルモンを抑えるから、AGAの治療にもプロペシアが使われるんですね。
その、プロペシアは妊娠中の女性や子供がふれただけでも皮膚から吸収されて、生殖器に異常が出るかもしれない。
だから、男の子を妊娠している女性や、男の子は絶対に触ってもいけないんです。
それくらい、効き目が凄いなら、プロペシアを飲んでいる男性との子作りをすると、精子にもフィナステリドの影響があるかもって怖いですよね。

けれど、今のところ、プロペシアを飲んで小作りをしても
胎児に影響はないといわれています。
ただ、男の子を妊娠している女性はプロペシアを触っちゃ、ダメです。

また、ミノキシジルの場合も、小作りをしたい女性が飲むのはやめた方がいいということですが、男性が飲んでいても小作りに影響はないといわれています。

小作りに影響はない。といわれていますが、一時期飲まないという選択肢もありますよ。
1,2か月小作り期間だけはプロペシアやミノキシジルを飲まないとか。
生まれてきた子供に何かあってからでは遅いし、後悔してもしきれないと思います。
なにせ、自分たちの子供のことですからね。
あと、プロペシアに含まれているフィナステリドの副作用として
性欲減退だったり、精子の減少というものもあります。
だから、プロペシアを飲んでいる限り、もしかすると子作りがうまくいかない場合だってあるんです。
などのことを考えれば、やっぱり一時的に服用をやめるというのが賢明かと。
たしかに、ミノキシジルやプロペシアを飲まなくなれば、
毛は抜けるかもしれないし、薄毛を食い止めることはできないかもしれませんが。
でも、それって一時的なものでしょ。
一生のうちのほんの一時。
子供は一生のことだということを考えれば、と思うんですがね。
それと、ミノタブやプロペシア以外にも体に安全な成分のタブレットもあるでしょ。
そっちに、切り替えるって選択肢もあるよね。

とにかく、パートナーとよくよく話し合いましょう。
パートナーが知らないうちに飲み続けてたってことがないように。